none
HOME > 製品情報 > リール > ワカサギリール > ワカサギなど小型リール > クリスティア ワカサギ SR II
CRYSTIA WAKASAGI SR II
クリスティア ワカサギ SR II
画像
画像
シルバー
レッド
(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
パワーと耐久性がアップした新型モーター搭載のワカサギ専用電動リール
手にフィットして握りやすく安定性にも優れたスティック形状で、ビギナーでもトラブルレスで楽しく使えるワカサギ電動リール。従来比スピード約120%・トルク約250%・耐久性約400%以上の新型モーターを搭載しておりパワーと耐久性が大幅にアップ。スプールベアリング2個搭載で軽い仕掛けもスムーズに落下させる。わずかなアタリも逃さない軽量ボディの両サイドの巻き上げスイッチで左右どちらの手でも使用可能。5段階速度調整機能などの便利機能で初心者やファミリーのワカサギ釣りに最適。
各部の名称
画像
仕様詳細
画像
画像
画像
■チョイ巻き・連続巻き
ボディ両側面の巻き上げスイッチをちょっと押すとちょっと巻き上げる=「チョイ巻き」機能。1秒以上押し続けると「連続巻き」となり、指を離しても巻き上げが継続されます。巻き上げを止めるにはスイッチを再度チョイ押ししてください。
■Vスプール
「V字」形状によりラインを均一に巻き取ることができ、仕掛け落下時にはスムーズなライン放出を可能にする「Vスプール」を搭載。回転性能に優れたスプールで軽い仕掛けも引っかからずにスルスル落とすことができます。
■ラインストッパー
スプール上部の3箇所にラインストッパーを装備。アタリがよく出るタナ(魚の泳層)でラインをストッパーに引っかけることで、毎回仕掛けを落とすたびに自動的に同じタナで仕掛けを止められる便利な機能です。
画像
画像
画像
■クラッチレバー
レバーを右側に倒すとクラッチOFF=スプールがフリーになって糸が出る状態になります。レバーを左側に倒すとクラッチON=スプールがロックされ、巻き上げができます。(ボディ側面の巻上スイッチを押すことでもスプールはロックできます。)
■5mm穂先対応
Φ5(直径5mm)の穂先が取り付け可能。取り付け穴に奥まで差し込み、しっかり固定されていることを確認してください。(振動で緩むことがありますので使用中も時々ご確認ください。)
■尻手ロープ取り付け穴
万一の落下に備えて尻手ロープを取りつけておくと安心。

■5段階変則巻き上げスピード調整
巻き上げスピードは「L(LOW)→1→2→3→H(HIGH)」の5段階。巻き上げ中にスイッチAを押すと増速し、「H」の時に押すと、「L」に戻ります。逆にスイッチBを押すと減速し、「L」の時に押すと「H」に戻ります。

■船べり停止(スイッチ式)
初心者やお子様にありがちな仕掛けの巻き上げ過ぎによる巻き込みトラブルを防止する船べり停止機構を搭載。

■電源オートOFF
電源ONの状態で放置された場合、約1時間で自動的に電源OFFとなります。
CR PT II、CR III、SR IIの仕様比較表
品名 Vスプール チョイ巻き 自動巻き 変速
(段数)
船べり停止
(スイッチ式)
選べる
船べり停止
水深カウンター メモリー
バックアップ
パワーモード
/エコモード
棚停止 アラーム
CR PT II ●(5段)
CR III ●(5段) - -
SR II ●(5段) - - - - - -
船べり停止(スイッチ式)の仕組み
ビーズ玉と船ベリ停止ガイドを使用して巻き上げを停止させる方法です。図のようにセットすれば、巻き上げ時に結び目がビーズを引き上げ船ベリ停止ガイドに当たり、船ベリ停止スイッチが作動してモーター回転が止まります。 画像
クリスティア ワカサギ SR II
カラー 本体
サイズ
(mm)
本体
自重
(g)
穂先径
(mm)
巻糸量
(PE-m)
電源 使用
可能
時間
メーカー希望
本体価格
(円)
JAN
コード
シルバー
レッド
幅:約45
長さ:約135
高さ:約45
97
(電池除く)
Φ5 0.5-30 単4型
乾電池
×2本(別売)
約4~6時間 9,900 シルバー:198417
レッド:198424
※本製品には「穂先」および「電池」は付属しておりません。
※使用可能時間はあくまでも目安です。気温・釣果などの条件により時間が半減することもありますので予めご了承ください。
※電池はアルカリ乾電池を推奨します。マンガン乾電池の使用時間はアルカリ乾電池の半分程度となります。また充電式(ニッケル水素)電池を使用した場合、電圧が低いため十分な性能を発揮できません。
※価格はメーカー希望本体価格(税抜)です。
ご使用時の注意とワンポイントアドバイス
■軽い仕掛けでもスムーズに落下させるため、スプールの回転性能が非常によくなっております。スプールの回転速度が仕掛け落下速度を上回るような時は、スプールを指で少しサミングして頂くと、バックラッシュ防止に効果があります。
■仕掛け着底後にスプールが回転し続けるとバックラッシュしやすいため、スプール上部のラインストッパーをうまく活用してスプールの回転を停止させてください。
■電池残量が少なくなると巻き上げスイッチが作動しなくなります。その際は図1~3の手順で新しい電池に交換してご使用ください。
画像
取扱説明書(PDFファイル:約540KB)