none
HOME > 製品情報 > ロッド > へらぶな > 並継へら > 月光
GEKKOU
月光
画像
15尺
(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
7~21尺のワイドバリエーション、クラスを超えた機能を搭載した使い勝手の良い硬式先調子へら竿
スムーズな曲がりの支点移動によって高い操作性を実現する『株理論』設計を採用し、へらぶなの引きをしっかりとした胴で受け止め、浅ダナからチョウチン、管理釣り場から野釣りまで、釣り場や釣り方を問わない硬式先調子の本格仕様。一節一節手作業によって作られるその意匠は高級へら竿の代名詞とも言える「節出し段塗」。飽きることなく末永く使える逸品である。

画像
DAIWA TECHNOLOGY
画像■株理論
伝統的な和竿のノウハウを取り入れた設計手法。「竿の一節一節は一本の竿のごとく、先が軟らかく、元にいくほど硬い」。これをミクロの世界で解析し、バランスよくつなげることで曲りの頂点のスムーズな移動を可能にしたダイワ独自の設計テクノロジー。特に顕著に見られる違いは、従来の竿では曲がりの頂点が大きく移動するのに対し、株理論では滑らかに移動するため、掛けた魚が暴れないという点。へら竿に求められる理想的なバランスを実現している。

画像
■V-ジョイント
竿が可能な限り歪みの少ないきれいなカーブを描くよう、節の合わせ部分にダイワ独自のバイアス構造のカーボンシートを採用。合わせ部のスムーズな曲がりを実現し、パワー・レスポンス・感度において高次元の性能を発揮させることに成功。繊細なへら竿にとって、継ぎ部のスムーズな曲がりはリフティングパワーの向上に大きく貢献している。

仕様詳細
【へら専用極細からまん穂先&1.1mmチューブラー穂先】

糸ヨレや糸絡みが発生しにくいからまん穂先。小型化で水キレも向上。

【新袋編みグリップ】

握りやすくて滑りにくく、エサなどの汚れも落としやすいグリップ。

【立体造節】

和竿の風合いを醸し出す立体造節と手拭きの竹地仕上げ。

【ネーム部】

レーザー彫刻による格調高いネーム部仕上げ。

【立体感のある段塗り】

【見えない竿尻部にも意匠を施すこだわり】

【強化木上栓】

【グリップは尺によって最適な形状・太さを追求】

月光
アイテム 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
カーボン
含有率
(%)
メーカー希望
本体価格(円)
JANコード
7 2.10 2 113 40 1.1(1.0)/7.5 88 18,300 958868
8 2.40 3 86 45 1.1(1.0)/7.5 94 18,500 958875
9 2.70 3 96 57 1.1(1.0)/7.7 87 19,900 958882
10 3.00 3 106 65 1.1(1.0)/8.1 89 21,500 958899
11 3.30 3 116 75 1.1(1.0)/8.5 90 22,800 958905
12 3.60 4 98 85 1.1(1.0)/9.9 86 24,600 958912
13 3.90 4 107 92 1.1(1.0)/10.1 91 26,500 958929
14 4.20 4 114 100 1.1(1.0)/10.5 98 28,700 958936
15 4.50 5 101 95 1.1(1.0)/11.2 98 30,200 958943
16 4.80 5 108 105 1.1(1.0)/12.0 98 33,000 958950
17 5.10 5 114 105 1.1(1.0)/12.4 98 35,500 958967
18 5.40 5 120 110 1.1(1.0)/12.9 98 36,900 958974
19 5.70 6 106 120 1.1(1.0)/13.5 99 38,800 958981
21 6.30 6 118 135 1.1(1.0)/14.1 99 41,500 958998
■先径は竿先から最も近く、部品・糸巻きのついていない外径、( )内は素材先端部の外径です。
付属品
■竿袋