none
HOME > 製品情報 > ロッド > > ガイド付き > メタリアシリーズ > メタリア ヒラメ
METALLIA HIRAME
メタリア ヒラメ
画像
MH-245
(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
穂先感度・食い込みの良さ・高い操作性で死角のない船ヒラメ完全攻略ロッド
穂先に『メタルトップ』、穂先部のガイドには『AGS』を搭載した高感度軽量ヒラメ竿。活餌の怯える動きも敏感に伝える高感度はヒラメの気配を探る上での強い武器となる。食い込みの良さと、狙い通りの誘いが可能な操作性をバランスよく融合。誘ってヒラメにアピールし、気配を感じて食わせる攻めの釣りが可能となる。ブランクにはネジレ防止の最適構造「X45」を採用し、軽快な操作性と大判とのやり取りでも安定なパワーを兼備。

前作の「メタリア ヒラメ」に対して大幅な細身化・軽量化を達成。調子も柔らかくて食い込みの良い点は維持しながら、より操作性と感度を向上させた最新トレンドのヒラメ調子に仕上がっている。
画像 
DAIWA TECHNOLOGY
画像 ■メタルトップ
メタルトップがもたらす超弾性チタン合金ならではの金属的な超高感度は想像以上のアドバンテージとなる。ベイトがヒラメの気配を察知して暴れる感触、また竿先をわずかに動かした際に感じる魚のファーストコンタクト、いわゆる「モタレ」と呼ばれる違和感まで、その情報伝達能力はまさに「海中が見える」といっても過言ではなく、多くの名手が「メタルでないと取れないアタリがある」と評しているほど。
画像 ■穂先部AGS(エアガイドシステム)
ダイワだからこそ可能なカーボン成形技術を駆使した革新的カーボンガイドシステム。ガイドの軽量化の効果は竿の重量が変わることももちろんだが、同一のブランクでもガイドが軽量化されるだけで数ランク上のブランクに変わったかのように感じられる。AGSの軽量性はシャープかつ精度の高い操作性とともに、これまでの金属ガイドでは拾い切れなかったシグナルをも感知する驚きの高感度を生み出す。また糸が絡みにくく抜けやすい形状であると同時に、ガイド自体が軽量であるため竿ブレがほとんど無く糸絡み自体が少ない点もメリット。
画像 ■X45
カーボン繊維の巻き角度は竿先に対して0°・45°・90°がそれぞれ曲げ・ツブレ・ネジレに対して最大の弾性を有する。他のX構造のように中間の角度にした場合、それぞれの弾性が低いためパワーロスの原因となる。また中間の角度で「X45」と同等のパワーを持たせるためにはかなりの重量アップが必要となる。最も弾性率の高い3つの角度を採用している「X45」はロッドの変形を防いでパワー・操作性・感度を向上させる最適構造なのである(世界共通の商標として「Xトルク」から「X45」に呼称変更)。
仕様詳細
画像 画像
メタルトップ&穂先部AGS
ガイドはオールSiCリング仕様
画像 画像
エアセンサーシート
リールシートに最適な剛性・強度・感度・軽さの最適なバランスを追求して生まれたカーボン強化素材のリールシート。カーボン繊維によって従来の樹脂よりも強度がアップしているため、その分肉を削って軽量化。剛性の高さは感度の良さに直結するため、『AGS』によって感知されるアタリなどの振動がそのまま手へ伝達される高感度仕様となっている。
ネーム部
メタリア ヒラメ
アイテム 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
オモリ
負荷
(号)
適合
クランプ
サイズ
カーボン
含有率
(%)
メーカー希望
本体価格(円)
JAN
コード
MH-245 2.45 2 126 145 2.7(0.8)/12.9 40-120 SS 94 44,800 030540
MH-265 2.65 2 136 160 2.7(0.8)/13.4 40-120 SS 94 45,600 030557
H-265 2.65 2 136 175 2.8(0.7)/13.9 50-150 SS 95 46,600 030564
※先径は、竿先から最も近く、部品・糸巻きのついていない外径、( )内は素材先端部の外径です。
付属品
  • 竿袋
  • クロロプレン製ロッドベルト
メタルトップご使用上の注意

■メタルトップの温度変化について。
超弾性チタン合金は素材の特性上、5℃以下の低温環境では弾性が低下し、穂先の戻りが遅くなってくるという事象が起こります。早朝・夜間の極端な冷え込みや風の影響で、気が付く程度の曲がりが生じることがあります。更に0℃以下の環境で弾性低下は、より進行し穂先が曲がったまま戻らない現象が起こります。いずれの場合も気温が上昇すれば本来の超弾性に戻り通常のご使用が可能になります。

■過度な屈曲を生じるようなご使用はお避けください。
メタルトップは、通常操作においては快適にご使用いただけますが、巻き込み・穂先の糸がらみ等外的要因による過度な屈曲には、クセ(塑性変形)が残ったり、また金属疲労により破損する可能性があります。

■万一のクセは、手で修正できます。
2のように万一クセが残った場合は、曲っている側と逆の方向にゆっくり曲げることで、修正ができます。ただし、クセの修正を繰り返しますと金属疲労の原因となりますので、巻き込み等クセが残るような操作はお避けください。

快適にご使用いただくため、取扱説明書は必ずお読み下さい。