none
HOME > 製品情報 > ロッド > > ガイド付き > リーディングシリーズ > リーディング カワハギ
LEADING KAWAHAGI
リーディング カワハギ
8:2調子
変則2ピース
画像
175
(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
細径グラスソリッドの柔軟さ・目感度を追求した軽量カワハギロッド
画像船釣りを楽しむアングラーであれば知らぬ者なしと言っても過言ではないダイワ船竿の代名詞「リーディング」。沖釣りの世界に革命を起こし、ライトタックルやライトゲームという概念を定着させる立役者となった初代の登場以来、常に進化を止めることなく市場をリードし続けている。

「リーディング カワハギ」は、細径グラスソリッド穂先の良さをとことん追求した1本。グラスソリッドの最大のメリットはその柔軟さ。穂先として削り込んでいった時、ごくわずかなモタレともいわれるカワハギのコンタクトを大きく表現し、かつそれをはじかず食わせる独特の味が生まれてくる。ソリッドにクロスを巻きつける「ソリッドパワースリム設計」とネジレ防止の最適構造「X45」により、最近のカワハギロッドに要求される軽さと操作性も備えている。細く削り込んだ穂先は当然ながら繊細で、巻き込みや糸が絡んだままの操作や乱暴な扱いには耐えられない。とはいえ穂先に注意して丁寧な釣りを心がけることは決してマイナスではなく、むしろ結果的により集中力が高まり、釣果にもつながるといえるだろう。「極鋭もいいが、このロッドもぜひ使ってみたい」とマニアを唸らせる、歴史あるリーディングならではの完成度を誇る。
DAIWA TECHNOLOGY
■X45
従来構造(竿先に対して0度、90度)に、ダイワ独自のバイアスクロス(ネジレに対して最も大きな弾性を有する±45°に斜行したカーボン繊維等)を巻くことで、ネジレを防ぎ、パワー・操作性・感度を飛躍的に向上させた。ネジレを軽減することにより、宙(オモリ負荷状態)での叩き・誘いの操作性が向上し、レスポンス良くアワセが効くパワーを備えている。

  ■ソリッドパワースリム設計
極限レベルまで細さを追求したグラスソリッドを芯材にクロスを巻き付けた設計。グラスソリッドを細身化してグラファイトクロスを巻き付けることで、グラスソリッドの特長である粘りはそのままに重量の問題を解決し、優れた目感度とアタリのはじきにくさを実現。さらにパワーも大幅に向上している。
AIR SENSOR SEAT(エアセンサーシート)
理想のリールシートを追求したカーボン強化樹脂素材を採用
軽くて強く、腐食しない。さらに重量比強度でマグネシウムを上回るという不可能を可能にしたダイワのカーボン樹脂素材「ザイオン」。このテクノロジーを応用し、リールシートに最適な剛性・強度・感度・軽さの最適なバランスを追求して生まれたカーボン強化素材を利用した新たなリールシート。カーボン繊維によって従来の樹脂よりも強度がアップしているため、その分肉を削って軽量化することに成功。さらに剛性の高さは感度の良さに直結するため、『AGS』によって感知されるアタリなどの振動がそのまま手へ伝達される高感度仕様となっている。
各部詳細
画像 画像
万が一穂先が破損した場合は穂先部だけ交換可能な変則2ピース設計
穂先部
画像 画像
ネーム部
KT-LNガイド(オールチタンSiCリング)
動画インプレッション
リーディング カワハギ
アイテム 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
錘負荷
(号)
カーボン
含有率
(%)
メーカー希望
本体価格(円)
JAN
コード
175 1.75 2 154 69 1.0(0.8)/10.9 20-30 89 34,800 030748
■先径は、竿先から最も近く、部品・糸巻きのついていない外径、( )内は素材先端部の外径です。
■ごく小さなアタリを出すため繊細な穂先を採用していますので、取り扱いには十分注意してください。持ち運びの時は穂先をはずして付属の保護ケースに収納してください。
※穂先の着脱の際、ガイドを持って着脱をするとガイド破損につながります。必ずガイドではなくソリッド本体を持って着脱を行ってください。取りにくい時は滑りにくいゴム等をあてて着脱してください。

※ご注意
電動リールを使用される場合、ダイワ電動リール300サイズまでの使用を推奨します。300サイズの電動リールのうち、スーパータナコンX300W、マグマックス300およびシーボーグ300は装着できません(シーボーグ300MJ・シーボーグ300J・シーボーグ300FB・シーボーグ300メガツインは装着可能です)。また、400サイズ以上は製品によりフット部の厚みを設けておりますので装着できません。
付属品
■竿袋
■穂先保護ケース