none
HOME > 製品情報 > ロッド > > ガイド付き > 極鋭シリーズ > 極鋭ライトヒラメ
KYOKUEI LIGHT HIRAME
極鋭ライトヒラメ
並継
7:3調子
高感度『SMT』でワンランク上のヒラメ釣りを演出するライトヒラメ専用ロッド
ヒラメ釣りの醍醐味は、活き餌の動きからヒラメの動きを想像するワクワク感。ベイトの状況をより明確に感知することができれば大きなアドバンテージを得られると同時に楽しさも倍増する。ヒラメが近づいて暴れだす様子はよりスリリングに。正常に泳いでいるときの様子も感知しやすければ自信を持ってヒラメのアタリを待つことができる。目に見えないロッドのパワーロスを防ぐ「X45」と「V-ジョイント」により、意のままにロッドをコントロールできる操作性と大判ヒラメをも余裕で浮かせるバットパワーを兼備。これまでのライトヒラメ釣りをさらに高次元に進化させる超高感度ロッド。
DAIWA TECHNOLOGY
画像■SMT(スーパーメタルトップ)
ごく微かな負荷をアタリとして表現するには柔軟さが必要。かといって、柔らかいばかりでは実釣時の負荷に耐えられない可能性もある。実釣に耐え得る強度でこの柔らかさを実現するのはダイワの『SMT』だけといっても過言ではない。他の素材では成し得ない、金属ならではの繊細さと高感度、これこそが「極鋭でしか伝わらないアタリがある」と言われるゆえんである。
SMTのさらに詳しい説明はこちら▼

■X45
カーボン繊維の巻き角度は竿先に対して0°・45°・90°がそれぞれ曲げ・つぶれ・ネジレに対して最大の弾性を有する。他のX構造のように中間の角度にした場合、それぞれの弾性は大幅に低下してしまう。また中間の角度で「X45」と同等のパワーを発揮させるためにはかなりの重量アップが必要となる。最も弾性率の高い3つの角度を採用している「X45」はロッドの変形を防いでパワー・操作性・感度を向上させる最適構造なのである(世界共通の商標として「Xトルク」から「X45」に呼称変更)。
X45のさらに詳しい説明はこちら▼

画像
X45に加えて交織クロスを最外層に45度方向に巻くことで、ネジレを防ぐ効果をさらにアップさせている。

■V-ジョイント
目に見えないネジレやパワーロスが発生しがちな竿の節部にダイワ独自のバイアス構造を採用することで、ワンピースロッドのような美しい曲がりを実現する構造。スムーズな節の曲がりが理想の調子とパワーアップをもたらし、パワー・レスポンス・感度が向上する。
V-ジョイントのさらに詳しい説明はこちら▼

画像


調子特徴

【M-215】縦流し時や凪日和・夏ヒラメに有効な柔軟・軽量タイプ。
【MH-235】横流し時やウネリが高い日に有効なタイプ。

画像

柔らかく、より感度・食い込みに優れた穂先。本命が掛かった時には全体に曲がって引きを吸収しながらも元竿のパワーは強く、大物でもしっかりフッキングさせ底からはがし、最後の取り込みで船底に入られにくいこだわりの7:3調子。

極鋭ライトヒラメ
品名 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
錘負荷
(号)
適合クランプ カーボン
含有率
(%)
メーカー希望
本体価格(円)
JAN
コード
M-215 2.15 2 112 110 -(0.7)/9.9 15-60 SS 82 49,000 912327*
MH-235 2.35 2 122 115 -(0.7)/10.9 20-80 SS 82 49,500 912334*
※先径は竿先から最も近く、部品・糸巻きのついていない外径、( )内は素材先端部の外径です。
付属品
  • 竿ベルト
  • 竿袋
  • ベルクロ尻手環
メタルトップご使用上の注意

■メタルトップの温度変化について。
超弾性チタン合金は素材の特性上、5℃以下の低温環境では弾性が低下し、穂先の戻りが遅くなってくるという事象が起こります。早朝・夜間の極端な冷え込みや風の影響で、気が付く程度の曲がりが生じることがあります。更に0℃以下の環境で弾性低下は、より進行し穂先が曲がったまま戻らない現象が起こります。いずれの場合も気温が上昇すれば本来の超弾性に戻り通常のご使用が可能になります。

■過度な屈曲を生じるようなご使用はお避けください。
メタルトップは、通常操作においては快適にご使用いただけますが、巻き込み・穂先の糸がらみ等外的要因による過度な屈曲には、クセ(塑性変形)が残ったり、また金属疲労により破損する可能性があります。

■万一のクセは、手で修正できます。
2のように万一クセが残った場合は、曲っている側と逆の方向にゆっくり曲げることで、修正ができます。ただし、クセの修正を繰り返しますと金属疲労の原因となりますので、巻き込み等クセが残るような操作はお避けください。

快適にご使用いただくため、取扱説明書は必ずお読み下さい。