none
HOME > 製品情報 > ロッド > > ガイド付き > 極鋭シリーズ > 極鋭マルイカ AGS
KYOKUEI MARUIKA AGS
極鋭 マルイカ AGS
1ピース
MH-147A=8:2調子
MH-147F=7:3調子
至高の感度・操作性の最適バランスを追求したマルイカロッド

画像穂先には目感度そして手感度を極める極鋭「スーパーメタルトップ」を搭載。スーパーメタルトップならではの繊細鋭敏穂先を実現し、軽い錘でも比較的重い錘でもマルイカの微妙なアタリを表現。ガイドは軽量かつ剛性に優れ感度を向上させるDAIWA独自のカーボンフレームガイド「AGS」を採用。素材ブランクスは軽量かつ高感度な超弾性カーボン「SVF」に、ネジレを軽減し、手感度・操作性・パワーを向上させる「X45」。シャープにスッテを動かし、止めればガイドの軽さのため揺れが瞬時に収束し、仕掛けを安定させアタリを待つことが可能となった。ダイワテクノロジーの粋を凝縮させたマルイカロッド、その圧倒的なスペックは集中力と楽しさに直結する。

■MH-147A
繊細な穂先にシャープな操作性を兼ね備え、中深場から浅場までオールラウンドに対応する鋭敏8:2調子モデル。

■MH-147F
守備範囲の広い7:3調子モデル。柔軟だがブレの抑えられたフレックスティップはアタリの出しやすさが最大の特長。しなやかな穂先部でアタリを大きく表現し、浅場の軽いオモリにも対応。比較的張りのある穂持ちながら、バットでタタキやアワセの操作性を確保し、中水深にも対応。

エキスパートの研ぎ澄まされた感性を数値化し、思い通りの高次元ロッドを作り上げる設計システム『ESS』

画像瞬時の合わせを可能とする操作性、叩きをスムーズかつ効率よく仕掛けに伝えるための絶妙なバランス。更に浅場から深場とオールマイティーに対応する能力等が高いレベルで実現されているのは『ESS 感性領域設計システム』の成果。

操作性やバランスといった釣人の感性で評価するしかなかった要素を「ひずみエネルギー」という数値にして分析しSVFやX45といったダイワテクノロジーを駆使して実現。

目感度・手感度でマルイカのシグナルを逃さず捉える極細「スーパーメタルトップ」
画像

ごく微かな負荷をアタリとして表現するには柔軟さが必要。かといって、柔らかいばかりでは実釣時の負荷に耐えられない可能性もある。実釣に耐え得る強度でこの柔らかさを実現するのはスーパーメタルトップだけといっても過言ではない。他の素材では成し得ない、金属ならではの繊細さと高感度、これこそが「極鋭でしか伝わらないアタリがある」と言われるゆえん。

スーパーメタルトップのさらに詳しい説明はこちら▼

パワー・操作性に革命をもたらすネジレ防止の最適構造「X45」

従来構造(竿先に対して0度、90度)に、ダイワ独自のバイアスクロス(±45°に斜行したカーボン繊維等)を巻くことで、ネジレを防ぎ、パワー・操作性・感度を飛躍的に向上させた。

X45のさらに詳しい説明はこちら▼

軽さ・感度が違う『SVFカーボン』
画像

ロッド性能を最も左右するカーボンシートにおいて、レジン(樹脂)量を減らしてカーボン繊維を密入することにより軽量化・パワーアップ・細身化を実現。強い反発力はシャープな振り抜き性能とルアーアクションが手に取るように分かる高感度をもたらす。

カーボンテクノロジーのさらに詳しい説明はこちらから▼

画像
左:MH-147F
右:MH-147A


低重心トリガーシート

(上段:MH-147A 下段:MH-147F)

■リール装着時に手の中に握りこみやすい低重心リールシート
■150クラスのリールを使ったとき着脱しやすいようナット部を長くしてローレット部が最先端に来るようデザインされたナット部
■操作性を重視しつつ、イカが乗った時には力が入りやすい軽量セパレートリアグリップ

極鋭マルイカ AGS
品名 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
錘負荷
(号)
カーボン
含有率
(%)
コンパクト
クランプヘッド
適合サイズ
メーカー
希望本体
価格(円)
JAN
コード
MH-147A 1.47 1 147 70 -(0.7)/9.7 20-60 90 SS 72,500 874342*
MH-147F 1.47 1 147 70 -(0.7)/9.7 20-60 92 SS 72,500 912099*
※先径は竿先から最も近く、部品・糸巻きのついていない外径、( )内は素材先端部の外径です。
付属品
  • 穂先保護カバー
  • トリガー保護サポーター
  • 竿袋
  • 尻手ベルト

電動リールを使用される場合のご注意

ダイワ電動リール300サイズまでの使用を推奨します。300サイズの電動リールのうち、スーパータナコンX300W、マグマックス300およびシーボーグ300は装着できません(シーボーグ300MJ・シーボーグ300J・シーボーグ300FB・シーボーグ300メガツインは装着可能です)。また、400サイズ以上は製品によりフット部の厚みを設けておりますので装着できません。
メタルトップご使用上の注意

■メタルトップの温度変化について。
超弾性チタン合金は素材の特性上、5℃以下の低温環境では弾性が低下し、穂先の戻りが遅くなってくるという事象が起こります。早朝・夜間の極端な冷え込みや風の影響で、気が付く程度の曲がりが生じることがあります。更に0℃以下の環境で弾性低下は、より進行し穂先が曲がったまま戻らない現象が起こります。いずれの場合も気温が上昇すれば本来の超弾性に戻り通常のご使用が可能になります。

■過度な屈曲を生じるようなご使用はお避けください。
メタルトップは、通常操作においては快適にご使用いただけますが、巻き込み・穂先の糸がらみ等外的要因による過度な屈曲には、クセ(塑性変形)が残ったり、また金属疲労により破損する可能性があります。

■万一のクセは、手で修正できます。
2のように万一クセが残った場合は、曲っている側と逆の方向にゆっくり曲げることで、修正ができます。ただし、クセの修正を繰り返しますと金属疲労の原因となりますので、巻き込み等クセが残るような操作はお避けください。

快適にご使用いただくため、取扱説明書は必ずお読み下さい。