none
HOME > 製品情報 > ロッド > > ガイド付き > スタンダード先調子 > ディープゾーン(7:3調子)
DEEP ZONE
ディープゾーン(7:3調子)
7:3調子
並継
画像
120-240
(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
粘りとパワーに優れた7:3調子中・深場ロッド
本州はもちろん、北海道での中深場攻略に最適な粘りとパワーを追求。アタリをはじきにくくバラシにくい粘りを備えつつ、青物とも楽に渡り合えるトルクフルなパワーをネジレ防止の最適構造「X45」構造で実現。オモリ負荷は80~250、100~300、120~400の3タイプで、オモリを乗せた際に操作性の高い7:3調子になるパワーバランスに設定。軽快にシャクれると同時に、魚が掛かると適度に曲がり込んでバラシを防ぐ。粘りとパワー、操作性をバランスよく備えた理想的な中深場ロッドに仕上がっている。センターカット2ピース仕様のため持ち運びしやすい点もメリット。
アイテム別おすすめ対象魚
アイテム 沖五目 ソイ ヤナギノマイ タラ マス ホッケ アキアジ ヒラメ スルメイカ 青物
(ブリ等)
深海・大物
120-180 -
120-210 - -
120-240 - -
120-270 - -
150-180 - - - -
150-210 - - - -
150-240 - - - -
200-180 - - - - - -
200-210 - - - - -
200-240 - - - - -
仕様詳細
画像 画像
1尾1尾のアタリを明確に捉える高感度穂先
糸絡みしにくいKWガイド(元部ガイドは耐衝撃性と強度に優れたダブルラップ仕様)
画像 画像
ゆるみ止めリング付き金属ナット&ホルダーをがっちり固定できる金属ホルダーロック
扱いやすい長さと形状を追求したグリップエンド部
DAIWA TECHNOLOGY
画像 ■X45
カーボン繊維の巻き角度は竿先に対して0°・45°・90°がそれぞれ曲げ・ツブレ・ネジレに対して最大の弾性を有する。他のX構造のように中間の角度にした場合、それぞれの弾性が低いためパワーロスの原因となる。また中間の角度で「X45」と同等のパワーを持たせるためにはかなりの重量アップが必要となる。最も弾性率の高い3つの角度を採用している「X45」はロッドの変形を防いでパワー・操作性・感度を向上させる最適構造なのである(世界共通の商標として「Xトルク」から「X45」に呼称変更)。
ディープゾーン(7:3調子)
アイテム 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
オモリ
負荷
(号)
カーボン
含有率
(%)
メーカー希望
本体価格(円)
JAN
コード
120-180 1.80 2 96 235 2.6(2.3)/18.4 80-250 59 28,400 080767
120-210 2.10 2 111 240 2.6(2.3)/19.9 80-250 65 28,900 080774
120-240 2.40 2 125 250 2.6(2.3)/19.9 80-250 64 29,400 030656
120-270 2.70 2 141 280 2.6(2.3)/19.9 80-250 64 30,000 030663
150-180 1.80 2 96 250 2.7(2.5)/18.4 100-300 65 28,900 080781
150-210 2.10 2 111 255 2.7(2.5)/19.9 100-300 64 29,400 030670
150-240 2.40 2 126 275 2.7(2.5)/19.9 100-300 71 30,000 030687
200-180 1.80 2 96 260 2.9(2.7)/18.4 120-400 68 29,400 080798
200-210 2.10 2 111 265 2.9(2.7)/19.9 120-400 67 30,000 080804
200-240 2.40 2 126 290 2.9(2.7)/19.9 120-400 73 32,000 080811
※先径は竿先から最も近く、部品・糸巻きのついていない外径、( )内は素材先端部の外径です。
付属品
■ロッドベルト