none
HOME > 製品情報 > ロッド > > ガイド付き > アナリスターシリーズ > アナリスター 真鯛
ANALYSTAR MADAI
アナリスター 真鯛
並継
5:5調子
画像
製品拡大
255
柔軟・食わせ重視設計のコマセ真鯛専用竿
対象魚、釣法に対する徹底的な分析(ANALYSIS)をもとに、最も使いやすくて対応力の高い専用ロッドを提案するダイワの船竿シリーズ「ANALYSTAR(アナリスター)」。

「アナリスター 真鯛」は、うねりを吸収して仕掛けを安定させ、ポロポロと少しづつコマセが出る状態をつくり真鯛を食わせるのに最適な柔軟調子。ネジレ防止の最適構造「X45」により、柔軟調子にもかかわらず高い操作性でコマセワークもしやすく、魚に先手を取られにくいコマセ真鯛専用ロッド。コマセ真鯛のはじめの1本としてもおすすめ。
画像
仕様詳細
画像
画像
■リールのゆるみ・ガタツキを防止するゆるみ止めリング付きナットを採用。
■柔軟さと食い込み性能に優れ、白色で見やすい穂先。
画像
画像
■KWガイド(SiCリング)仕様。
■ネジレ防止の最適構造「X45」でパワーと操作性を兼備した細身・軽量ブランクス。
エアセンサーシート
画像 軽くて強く、腐食しない。さらに重量比強度でマグネシウムを上回るという不可能を可能にしたダイワのカーボン樹脂素材「ザイオン」を応用し、リールシートに最適な剛性・強度・感度・軽さの最適なバランスを追求して生まれたカーボン強化素材リールシート。カーボン繊維によって従来の樹脂よりも強度がアップしているため、その分肉を削って軽量化が可能。さらに剛性の高さは感度の良さに直結するため、アタリがそのまま手へ伝達される高感度仕様となっている。
DAIWA TECHNOLOGY
■X45
カーボン繊維の巻き角度は竿先に対して0°・45°・90°がそれぞれ曲げ・ツブレ・ネジレに対して最大の弾性を有する。他のX構造のように中間の角度にした場合、それぞれの弾性が低いためパワーロスの原因となる。また中間の角度で「X45」と同等のパワーを持たせるためにはかなりの重量アップが必要となる。最も弾性率の高い3つの角度を採用している「X45」はロッドの変形を防いでパワー・操作性・感度を向上させる最適構造なのである(世界共通の商標として「Xトルク」から「X45」に呼称変更)。
アナリスター 真鯛
品名 標準
全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
標準
自重
(g)
先径/元径
(mm)
オモリ
負荷
(号)
適合
クランプ
サイズ
カーボン
含有率
(%)
価格
(円)
JAN
コード
255 2.55 2 131 150 1.7(1.6)/11.9 20-100 SS 56 27,500 058810
270 2.70 2 139 155 1.7(1.6)/11.9 20-100 SS 56 28,300 058827
300 3.00 3 105 165 1.7(1.6)/13.4 20-100 SS 60 29,500 058834
※先径は、竿先から最も近く、部品・糸巻きのついていない外径、( )内は素材先端部の外径です。
※価格はメーカー希望本体価格(税抜)です。
付属品
■ロッドベルト