none
HOME > 製品情報 > ロッド > > 友竿 > 銀影競技 タイプS
GINEI KYOGI TYPE S
銀影競技 タイプS
画像
(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
ゼロ周辺のテンションを自在に操り低活性時の切り札となる異端児“TYPE S”
画像【追いの誘発力を競技に】
タイプSは異端児である。「攻め」こそ全てと言わんばかりのダイワ鮎ロッド群の中で、あえてVコブシを採用せず、節の長さを生かしてオトリの“なじみ”を優先した調子であるからだ。Fのように泳がせるためではなく、Tのように速いテンポで引くための存在でもないが、スレた野鮎や追いの鈍いときに効果的な、“横スライド”などの操作をもっとも得意とする。そして今回、満を持してタイプSが競技シリーズにラインナップされた。しかも3アイテム。タイプSならではのソフト感を備えつつスペシャルに匹敵するパワーで良型への対応力が高いノーマル90、タイプSシリーズ中もっともパワフルなH90、同時に速さと機敏性を備えたH85である。

■タイプS ― 瞬発力を高めた“S”へ

競技タイプSを監修するのはもちろん有岡只祐。有岡はダイワテスター陣の中でも、ここ数年もっとも釣りを進化させている存在だ。天然鮎を想定した高速回転の釣りは得意中の得意であるが、一方で、もっともゼロ周辺のテンションにこだわる男でもある。それは勝つために、どんな状況でも釣るために、もがきながら学んできた結論。

「ここ数年、自分の中ではVコブシが全てではなくなってきた。釣れないときのことを考えるとね。だからタイプS。これまでのタイプSはスペシャルとエアだけど、かなり違う味付け。エアはどちらかといえば天然に特化した感じで、比較的小型の魚に対してシャープに小細工ができる。今回の競技は、特にノーマル90が(操作面では)エアに近くてテンポが速く、ナイロン水中糸も使いやすく仕上げている」

そして事実、ノーマル90を使って有岡は宮崎県一ツ瀬川でアベレージ21、22cmを相手に軽く三ケタ釣りを達成している。それも半日で。このロッドは競技シリーズにふさわしい瞬発力とパワーを確実に身に付けていたのだ。低活性時の切り札であるタイプS、それもノーマルタイプにも関わらず、である。

素材を生かすシリーズごとのパワー配分。操作面ではいずれも“タイプSらしさ”を堅持。

エアシリーズに始まり、スペシャル、そして競技へとラインナップを広げたタイプSシリーズ。それは価格帯の違いというよりは、「素材を生かしたパワーと調子のバランス」を追求した結論。パワー面では、もっともライトなモデルがエアで中硬硬、次がスペシャルと競技のノーマルで中硬硬(強)、そして競技のHが早瀬抜となる。そしてオトリの操作感はエアが「ソフト」、スペシャルは「シャープ」であり、今回の競技では基本的にエアに近付けた。もっともパワフルなHでさえ、オトリの横フレなどを演出する性能はノーマルの「タイプS」に近く、単純に「強い=硬い」といった間違いを犯すことなく、タイプSらしさを堅持している。

■タイプS-H ― “S”らしさはそのままに、強く。

従来のタイプSは、エアもスペシャルも、それぞれの素材特性を生かして両極を意識した面がある。それだけに競技シリーズではタイプSの王道を狙ったが、エアに近い存在がノーマル90なら、スペシャルを彷彿させるのがHだ。「Hはね…85も90も考えられんくらいよかった。スペシャルは曲がる特性を生かして(ただし反発力は強い)、比較的大きな魚に対しての“待つ釣り”に向いているけど、Hはスペシャルより強くて25cmクラスでもあしらえるし、そのパワーに反して小細工やスローな誘いもできる」

Hは横フレ、フワフワさせる能力はスペシャルと同じだが、パワーはその上に位置する。同時に高い引き性能まで有しているのだ。また、「競技」としての“尖った”存在意義も忘れてはいない。それが、セミショートモデル85の加入。これまで有岡は85の存在をさほど重要視していなかったのだが、それを一変させてしまったのだ。「H85は短いという意識がまったくなくて、とにかく使いやすい。神通川のロケでも使ったけど、風が吹いたときはあからさまに違ったもんね。距離というか攻め方は90だけど、軽さや抵抗は80。回転力もびっくりするほど変わる。今後は85の長さがスタンダードになる可能性はあるね。90が必要な場合は多いけど、風が吹けばどれだけ川が広くてもH85を使ってしまう、そうさせてしまうほど恐ろしい出来。」

このときの神通川で有岡は、何と2時間で40尾オーバーもの釣果を記録した。「これはもしかすると、僕のメインロッドになるんじゃないかな」競技タイプSは、A派の有岡の価値観を、今シーズンも揺るがし続ける。

DAIWA TECHNOLOGY
画像 ■ESS(感性領域設計システム)
ロッドは曲がると、その方向と反対側に起きあがろうとするエネルギー(復元力)が発生する。これは、変形した(ひずんだ)ブランクが元に戻ろうとする「ひずみエネルギー」であり、竿の性能を左右する極めて重要なファクターである。ダイワは、この「ひずみエネルギー」を解析・設計するシステムを開発。「どこが優れているか」「どこが足りないか」を数値で明確に把握するだけでなく、エキスパートの感性と呼ばれる領域まで解析・数値化し、ロッドに反映する事を可能にした。また『X45』や『SMT』、『Vコブシ』などダイワテクノロジーのポテンシャルを最大限引き出し、有効且つ機能的に活用することもできる。理想を越える竿を作り出す、革新的ロッド設計システム。
■S-SVFカーボン
ダイワはロッド性能にもっとも影響を与えるカーボンシートにおいて、繊維そのものの高弾性化は勿論、カーボン繊維を取りまとめる接着剤的な役割を担う樹脂(レジン)量に対する機能向上に着目。贅肉ともいえるレジンの量を減らし、筋肉となるカーボン繊維の密度を高めることで、より強く、より軽く、より細いロッドの開発を進めている。「Z-SVF」は、素材の製法を一から見直し研究を重ね、理想的なカーボン繊維配列を実現したダイワ史上究極の高密度カーボン。
画像 ■X45
カーボン繊維の巻き角度は竿先に対して0°・45°・90°がそれぞれ曲げ・ツブレ・ネジレに対して最大の弾性を有する。他のX構造のように中間の角度にした場合、それぞれの弾性が低いためパワーロスの原因となる。また中間の角度で「X45」と同等のパワーを発揮させるためにはかなりの重量アップが必要となる。最も弾性率の高い3つの角度を採用している「X45」はロッドの変形を防いでパワー・操作性・感度を向上させる最適構造なのである(世界共通の商標として「Xトルク」から「X45」に呼称変更)。
画像 ■スペシャルV-ジョイント(#1~3はV-ジョイント)
パワーロスが生じがちな節の合わせ部にダイワ独自のバイアス構造を採用することで、ワンピースのような美しい曲がりを可能にし、負荷が掛かった時の節の歪みを抑えてパワーロスを減少させることに成功。さらに従来必要とされていた合わせ部の重ね代を極限まで減らしたのがスペシャルV-ジョイント。これによって重量を軽減しながらいっそう歪みの少ないロッドを作り上げることができる。
画像 ■スーパーリング構造
カーボンシートの巻き始めと巻き終わりの重なる部分の重なりシロを限りなくゼロに近づけてロッドを形成する技術。軽量化は勿論、繊細なロッド操作や引き抜き時の弾道が安定。
画像 ■ゼロコーティング(#2~元上)
カーボンの素材感を残しながらも、鮮やかな色彩を放つダイワ独自の外観処理。無塗装に極めて近いため、カーボン素材の性能を十二分に発揮させることができる。※節または部位で、使用するカーボン素材の影響等により濃淡が生じる場合があります。
画像 ■セーフティフックタイプメタカラマン
穂先に仕掛けを直接つなげることで感度が大幅にアップ。仕掛けを取り付ける部分が回転するので糸ヨレや糸絡みも防ぐ。
画像 ■節落ち・食いつき防止合わせ
下節の上部内面に僅かな出っ張り(異形部)を作り、強い密着部分をつくることで実釣時に起こる節落ちを防止する。さらに、その異形合わせによる空気層が固着トラブルも防ぐ。
画像 ■固着防止リング
固着を防ぐため接合部分に空気層を作る溝(リング)切り加工を、節の太さによって幅と本数を変えながら施す構造。
その他の機能・仕様
  • 新触感グリップ
  • 銘板付き下栓
  • 元竿口金処理
銀影競技 タイプS
品名 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径
[替穂]
/元径
(mm)
元径
(mm)
錘負荷
[替穂]
(号)
適合水中糸 カーボン
含有率
(%)
メーカー
希望本体
価格(円)
JAN
コード
メタル
ライン
ナイロン
90 9.00 8 138 208 1.6(1.5)
[0.8(0.75)]
/24.0
24.0
(26.6)
0-4
[0-3]
0.02-0.2 0.1-0.6 99 255,000 959070*
H85 8.50 8 138 200 1.7(1.6)
[0.9(0.85)]
/24.0
24.0
(26.6)
0-5
[0-3]
0.03-0.2 0.125-0.6 99 245,000 959087*
H90 9.00 8 138 215 1.7(1.6)
[0.9(0.85]
/24.2
24.2
(26.6)
0-5
[0-3]
0.03-0.2 0.125-0.6 99 260,000 959094*
※先径は、竿先から最も近く、部品・糸巻きのついていない外径、( )内は素材先端部の外径です。
付属品
  • ニット竿袋
  • SMT(ソリッド:ハイテーパー型)標準替穂先
専用設計の別売り替穂先
  • トーナメントトップ(細径チューブラー穂先 先径1.3mm/H:1.4mm)

メタルトップご使用上の注意

■メタルトップの温度変化について。
超弾性チタン合金は素材の特性上、5℃以下の低温環境では弾性が低下し、穂先の戻りが遅くなってくるという事象が起こります。早朝・夜間の極端な冷え込みや風の影響で、気が付く程度の曲がりが生じることがあります。更に0℃以下の環境で弾性低下は、より進行し穂先が曲がったまま戻らない現象が起こります。いずれの場合も気温が上昇すれば本来の超弾性に戻り通常のご使用が可能になります。

■過度な屈曲を生じるようなご使用はお避けください。
メタルトップは、通常操作においては快適にご使用いただけますが、巻き込み・穂先の糸がらみ等外的要因による過度な屈曲には、クセ(塑性変形)が残ったり、また金属疲労により破損する可能性があります。

■万一のクセは、手で修正できます。
2のように万一クセが残った場合は、曲っている側と逆の方向にゆっくり曲げることで、修正ができます。ただし、クセの修正を繰り返しますと金属疲労の原因となりますので、巻き込み等クセが残るような操作はお避けください。

快適にご使用いただくため、取扱説明書は必ずお読み下さい。