none
HOME > 製品情報 > ロッド > > 友竿 > 銀影エア MT
GINEI AIR MT
銀影エア MT
早瀬抜 90・K
急瀬抜 90・K
(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
「メガトルク」の力と粘りに「エア」の軽さが完全融合。“フィネス”をも備えたパワーロッド。

パワーがあれば重い・・・そんな瀬釣りロッドの常識を『銀影エアMT』はぶち壊す。「メガトルク」の獰猛たるパワーに、「エア」シリーズの軽さとシャープさを兼ね備える「エアMT」が、更なる進化を果たす。

今作では、感性領域設計システム『ESS』を採用し、カーボン素材を高弾性化することで、前モデルの軽さはそのままに、大幅なパワーアップとタメ性能を獲得。また、掛けるまでの円滑な操作性も、新たに獲得した大きな武器。獲れることはあたり前、獲るまでのスピードをも突き詰めて、新たな進化を見出した。

また、アイテムにもこだわり、それぞれのコンセプトを深化。『早瀬抜』は軽さを重視したパワー系万能モデル、『急瀬抜』は25cm前後を想定した瀬釣りの中心的モデル、新たに誕生した『急瀬抜H』は25cmオーバーを想定した激流・大鮎用モデルとして開発。別売設定の『SMT』替穂先を使うことで、小型が混じる時や浅場、低活性時など“フィネス”な状況においても、これまでになかった更なる性能を発揮する。

頂上決戦 ― 森岡達也「硬派」超超硬90 × 瀬田匡志「銀影エア MT」急瀬抜90

【激戦終わって・・・】

伊藤:お二人ともご苦労さまでした。入れ掛かりでしたね。この状況下、見ている僕も疲れました(笑)。水が高いですし、去年よりサイズがよかったですが、使った竿もパワーアップしていますしね。特に森岡君は『硬派超超硬90』ということでしたが。
森岡:今シーズンの九頭竜川は型もいいので、もってこいでしたね。
伊藤:水中糸は複合メタルのメタコンポIII0.1号でしたが、全然切れなかったですね。
森岡:25cmクラスまでの魚にはそのくらいのバランスがいいと思います。これが27cm、28cmになってくれば0.15号とか、メタルのハイパーエムステージなどの方がいいかもしれません。
伊藤:瀬田君は去年はライトモンスター(銀影競技メガトルク早瀬抜)でしたが、今日は『銀影エアMT急瀬抜90』ですね。

瀬田:見ての通りの増水で、鮎のサイズも23~25cmだったので急瀬抜を選びましたが、最高にマッチしました。また、僕は普段から仕掛けが太めですが、今日はハイパーエムステージ(もしくはメタルに近い特性を持つ『メタコンポヘビー』)の0.125号を張りました。水切れがいいですし直線強度が高いので0.1号でも持つとは思うんですけど、保険というか、思い切ってエアMTの急瀬を絞るのにね(笑)。糸も沈むのでオモリの役割も考えました。
伊藤:最初はオモリを使ってましたね。
瀬田:前半は水深があって押しも強かったのでオモリで止めていって、後半は背バリに変えてやりました。オモリだとオトリが付いてくるペースが速くなり過ぎる感じだったので、もう少しスピードを落としながら引いてやろうと思いました。
伊藤:扇形に引いている感じが……。
瀬田:MTの胴調子を生かして斜めにオトリを出していって面で探り、竿先の位置まで来たら徐々にカミへ。その操作がオモリを使ったときよりは多少スローにできるんでね。掛かるまでの時間が与えられるんで、ボーンとくる感じです。
伊藤:その点、森岡君はストレートにカミへ引く感じですね。
森岡:横というよりは硬派の先調子を生かした縦引きや点の釣りですね。それに対して瀬田君は、結構シモ竿でやるから。

【ロッドに合った攻略】

森岡:竿に合った釣り方というか、エアMTの急瀬でシモ竿にして横の動きを出しながら広範囲に探るのもひとつだし、硬派の超超硬なんかは先調子なので、どちらかといえば(竿先下流の延長上に)オトリを置いて縦引きにした方がいいですね。シモ竿で扇状に探ろうとすると(大型を掛けたら)そのまま竿と仕掛けが一直線になってしまいやすい。仕掛けがもっと太くないと……。
瀬田:一発だよね(笑)。
伊藤:でも後半は結構シモ竿で釣ってたように見えましたけど。楽そうに抜いていたから、掛かれば胴に乗るのかなと。
森岡:設計上、超超硬でも『ESS』の効果で曲がるので、その辺はうまく調整できてますし、硬いだけじゃなく竿の曲がりや反発力をうまく使えるようになっています。

伊藤:サイズに応じた曲がりを竿がしっかりしてくれるということですね。硬派を振った感じは「え!?」と思うくらいビンビンなんですよね。そして、エアMTは前作よりも明らかにパワーがありますね。しかも、軽い。
瀬田:急瀬クラスでも本当に持ち重りなく一日使えるんですが、これだけの流れの中で24、25cmを掛けて、今日はほとんど九頭竜返しで抜いたんですが、しっかり粘ってくれます。目一杯絞ったんですけど、僕の感覚ではまだまだ余裕がある感じですね。竿の曲がりがピタッと止まり切った状態ではなく、粘りシロもまだあります。軽いのに凄くパワーがあるというのをあらためて実感しました。安心して竿を絞ってもらえますね。

DAIWA TECHNOLOGY
画像 ■ESS(感性領域設計システム)
ロッドは曲がると、その方向と反対側に起きあがろうとするエネルギー(復元力)が発生する。これは、変形した(ひずんだ)ブランクが元に戻ろうとする「ひずみエネルギー」であり、竿の性能を左右する極めて重要なファクターである。ダイワは、この「ひずみエネルギー」を解析・設計するシステムを開発。「どこが優れているか」「どこが足りないか」を数値で明確に把握するだけでなく、エキスパートの感性と呼ばれる領域まで解析・数値化し、ロッドに反映する事を可能にした。また『X45』や『SMT』、『Vコブシ』などダイワテクノロジーのポテンシャルを最大限引き出し、有効且つ機能的に活用することもできる。理想を越える竿を作り出す、革新的ロッド設計システム。
■超高密度SVFカーボン
ダイワはロッド性能にもっとも影響を与えるカーボンシートにおいて、繊維そのものの高弾性化は勿論、カーボン繊維を取りまとめる接着剤的な役割を担う樹脂(レジン)量に対する機能向上に着目。贅肉ともいえるレジンの量を減らし、筋肉となるカーボン繊維の密度を高めることで、より強く、より軽く、より細いロッドの開発を進めている。「超高密度SVF」は、HVFよりさらにレジン量を減らす事で、より多くのカーボン繊維を密入し、軽さ、パワー、細身化を実現する超高密度カーボン。
画像 ■スペシャルV-ジョイント(#1~3はV-ジョイント)
パワーロスが生じがちな節の合わせ部にダイワ独自のバイアス構造を採用することで、ワンピースのような美しい曲がりを可能にし、負荷が掛かった時の節の歪みを抑えてパワーロスを減少させることに成功。さらに従来必要とされていた合わせ部の重ね代を極限まで減らしたのがスペシャルV-ジョイント。これによって重量を軽減しながらいっそう歪みの少ないロッドを作り上げることができる。
画像 ■Vコブシ設計
先端部#1~#3を短くセッティングすることで竿先の安定性を高め、感度の向上を図る設計思想。同時に中節~元竿は節長が長くなる胴長設計と組み合わせることにより、パワーと操作性・感度を兼ね備えたロッドを実現。
画像 ■スーパーリング構造
カーボンシートの巻き始めと巻き終わりの重なる部分の重なりシロを限りなくゼロに近づけてロッドを形成する技術。軽量化はもちろん、繊細なロッド操作や引き抜き時の弾道が安定。
■ゼロコーティング(#4~元上)
カーボンの素材感を残しながらも、鮮やかな色彩を放つダイワ独自の外観処理。無塗装に極めて近いため、カーボン素材の性能を十二分に発揮させることができる。※節または部位で、使用するカーボン素材の影響等により濃淡が生じる場合があります。
画像 ■セーフティフックタイプメタカラマン
穂先に仕掛けを直接つなげることで感度が大幅にアップ。仕掛けを取り付ける部分が回転するので糸ヨレや糸絡みも防ぐ。
画像 ■節落ち・食いつき防止合わせ
下節の上部内面に僅かな出っ張り(異形部)を作り、強い密着部分をつくることで実釣時に起こる節落ちを防止する。さらに、その異形合わせによる空気層が固着トラブルも防ぐ。
画像 ■固着防止リング
固着を防ぐため接合部分に空気層を作る溝(リング)切り加工を、節の太さによって幅と本数を変えながら施す構造。
その他の機能・仕様
  • 新触感グリップ
  • 銘板付き下栓
  • 元竿口金処理
銀影エア MT
品名 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径
[替穂]
(mm)
元径
(mm)
錘負荷
[替穂]
(号)
適合水中糸 カーボン
含有率
(%)
メーカー
希望本体
価格(円)
JAN
コード
メタル
ライン
ナイロン
早瀬抜 90・K 9.00 8 143 225 2.0
(2.0)
23.8
(26.6)
0-6 0.05-0.2 0.15-0.6 99 190,000 959117
急瀬抜 85・K 8.50 8 143 222 2.0
(2.0)
24.1
(26.7)
0-8 0.05-0.3 0.15-0.8 99 188,000 959124
急瀬抜 90・K 9.00 8 143 240 2.0
(2.0)
24.1
(26.7)
0-8 0.05-0.3 0.15-0.8 99 205,000 959131
急瀬抜 H90・K 9.00 8 143 260 2.1
(2.1)
25.0
(28.7)
0-10 0.07-0.3 0.2-0.8 99 220,000 990783
※先径は竿先から最も近く、部品・糸巻きのついていない外径、( )内は素材先端部の外径です。
付属品
  • ニット竿袋
専用設計の別売り替穂先
  • SMT(ソリッド:ハイテーパー型) 先径 早瀬抜: 0.75mm/急瀬抜: 0.96mm/急瀬抜H: 0.97mm
    メーカー希望本体価格 23,000円