none
HOME > 製品情報 > リール > 電動リール > 電動リール > 600~サイズ(PE8号300m/フロロ10号290m~) > シーボーグ 750 メガツイン
SEABORG 750 MEGATWIN
シーボーグ 750 メガツイン
ハンドルノブL交換可
画像
(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
衰え知らずの怪力モンスター

大型青物・中深場・泳がせ大物と言えばダイワの750、と言われる「シーボーグ750」が最新のテクノロジーを装備して鮮やかにモデルチェンジ。大海のモンスターをねじ伏せる圧倒的なパワーとスピードを誇る「メガツイン機構」が最大の特長であるが、さらに特筆すべきはダイワ独自の『マグシールドボールベアリング』による防水・耐久性。30kgクラスのキハダや巨大なクエ、パラソル級スルメイカの多点掛けなど、幾多の大物を手中に納めてきたメガパワー・メガスピードの威力が、ダイワテクノロジーの進歩でさらに強化されている。船大物釣りを制するメガモンスター、錆や塩ガミの徹底排除に成功した今、その力は衰えることを知らない。

【おすすめ対象魚】
・青物 :キハダ、メジ、カツオ等
・中深場:タラ、キンメ、ムツ、アコウ等
・泳がせ:ブリ、ヒラマサ、カンパチ、アラ、クエ等
ダイワの防水・耐久テクノロジー:『MAGSEALED(マグシールド)』

水しぶきや埃、砂や海水に容赦なくさらされるリール、その性能を維持するのは容易なことではない。特に精緻な回転機構の集合体のリールにとって、ボールベアリングの防水・防塵性は生命線と言える。ここにわずかな海水が入っただけで、塩ガミを防ぎきれず回転性能は失われてしまうからだ。だからこそ、これまでもリールには、ボールベアリングを水や異物から守るために数々の工夫が採り入れられてきた。しかし、こうした努力が満足のゆく成果をもたらしたとは言い難い。「リールは、いつか塩や異物の侵入によって回転性能が落ちるもの」と観念していた。

この難題に、ダイワが鮮やかな解答を示した。それが、マグシールドボールベアリングである。マグシールドとは、磁性流体「マグオイル」の強固な膜により外部からの水・異物の侵入をブロックするダイワ独自のテクノロジーだ。この先進技術が、いよいよリールの核心部であるボールベアリングに搭載される。

「ボールベアリングを徹底して防水化する」。この長年の構想が、ついにボールベアリングのマグシールド化に成功した。このマグシールドボールベアリングは、開発陣も驚嘆するポテンシャルを備えていた。過酷なテストを重ねても、回転の滑らかさは試験前とほとんど変わらなかったのである。マグシールドボールベアリングは、シビアに釣果を求めるトップアングラーのためだけの技術ではない。新品の気持ちの良い性能をいつまでも味わいたいと願うすべてのアングラーに福音をもたらすものだ。真のイノベーション、それがマグシールドボールベアリング。宇宙工学のシールド技術を応用し、ミクロの不純物までも遮断した防水・耐久の完成形へ、リールは大きな一歩を踏み出した。

「ボールベアリングの初期性能が長期間維持され、本来の寿命を全うすることができる」

マグシールドボールベアリングがもたらす恩恵をここで整理しよう。最大のメリットは、ボールベアリングの塩ガミ、錆び、異音を大幅に解消し、初期性能を長期間に渡り維持することだ。リール用に限らず、およそあらゆるボールベアリングは一定期間使用すれば、ボールの摩耗により回転性能が劣化する。しかし、従来のリール用ボールベアリングは、ボールが摩耗する前に塩ガミや錆びにより使い物にならなくなることが多々あった。特に、飛沫をかぶったり海水に濡れた手で操作することも多い電動リールについてはなおさらである。これがマグシールドで一変する。メンテナンスをしなくても、ボールベアリングが「本来の寿命」を全うするようになるのだ。また、マグシールドボールベアリングは、内輪と極板とのわずかなすき間をマグオイルが埋める非接触構造なので、もともと回転抵抗が非常に小さい。またモーターの発熱や外気温との差といった温度変化にも強い。モーター・減速ギヤ部への水・異物の侵入をシャットアウトしたマグシールドボールベアリングによる高い防水性・耐久性が、釣行後の洗浄さえしっかり行えば驚くほど長く保たれる。これがどれほど画期的なことであるかは言うまでもないだろう。

圧倒的なパワーとスピードをスイッチひとつで瞬時に切替:MEGATWIN(メガツイン)

浅場から深場、小物から大物まで、スピードとパワーをシーンに応じて使い分け、あらゆるフィールドでどんなターゲットにも対応できるマルチリールは電動リールの理想形でもある。「メガツイン」は、モーターの回転を正転逆転制御と一方向の回転を選択して伝達するワンウェイクラッチの融合で、パワーレンジとスピードレンジをスイッチひとつで瞬時に切り替えられるダイワ独自のテクノロジー。千載一遇の大物をもねじ伏せるパワーが欲しい時にはパワーレンジ、仕掛け回収など手返しスピードを求める時にはスピードレンジと、アングラーの要望に応じて2つのギヤレンジを使い分けることでより自由に、快適に様々な沖のフィールドを攻略することが可能になる。

画像
※動画はメガツイン機構の説明であり、登場する商品は違います。
●JAFS基準速度 SPEED/POWER 150/65m/分
●JAFS基準巻上力 37kg(POWER時)

SPEEDレンジ … 仕掛け回収などスピード重視の時に「緑色」のランプが点灯。
POWERレンジ … 大物や中深場でパワー重視の時に「赤色」のランプが点灯。
※SPEEDレンジでブレーカーが作動しそうになると自動的にPOWERレンジにシフトします。

■UTD(アルティメットトーナメントドラグ)
ドラグ力を出しながら細ハリスで必要なスムーズさを持ち、耐久性に優れたドラグ。真鯛の突っ込みや青物の疾走にも柔軟に追従してハリス切れを防ぐ滑らかさと、相手に主導権を握らせないパワーを兼備。
■アルミラウンドノブ
しっかり握り込めて安定した巻上げ力を生み出すアルミラウンドノブを標準装備。金属のため汚れを落としやすい点もメリット。
機能・仕様 特徴
■アルミダイキャストボディ 剛性が高く、変形の少ないアルミボディ素材がモーターをはじめとする駆動セクションをしっかりと受け止め、パワフルなファイトをサポートする。
■ウルトラスプールフリー 手巻きのガタツキをなくし、手巻きリールのようなスムーズな巻き心地をもたらす機構。
■表示補正機能 カウンター表示が糸色に対してずれてきた時に実釣中に簡単に補正できる機能。
■上から/
底からカウンター
上からも底からも水深が測れるのでどんな状況・釣り物でも正確なタナ取りができる。
■チョイ巻きスイッチ タナ取りや糸フケを取る時などにスイッチを押すだけで設定したスピードで巻き上げるチョイ巻き機能。チョイ止めスイッチも併用。
■名人シャクリ/
シャクリスイッチ
電動リールに誘いをさせる便利な機能。シャクリの幅・待ち時間・範囲が自由に設定できて思いのままの攻略が可能。
■コマセタイマー&
コマセタイマー巻上げ
仕掛けを投入してから回収するまでの時間をセットでき、的確な手返しが可能。タイマー表示機能で仕掛けの投入時間を正確に把握できる。
■巻上げ速度実測値表示 実際の巻上げ速度を表示する機能。巻上げ時のスピードの目安として役立つ。
■選べる船べり停止 電動巻き上げ時、設定した長さまで巻き上げたら自動的に巻き上げが停止する機能。取り込みに便利な長さに設定すれば手返し効率倍増、ロッド破損の主な原因である巻き込みの防止にも役立つ。
■糸送り機構 仕掛け落下時にモーターギヤが逆転し、糸を出すスプールの回転を補助する機能。ウルトラスプールフリーとのコンビネーションで、いち早く仕掛けを落下させたい釣りに効果的。
■ウォッシャブル 中性洗剤による水洗いが可能(ただし水没させての洗浄や温水は厳禁)。
■メモリーバックアップ機能 モードで設定した内容を次回の釣行時も記憶させるバックアップ機能。

■脱落防止スプールフリー調整ダイヤル
■スーパーパワーコード(ブラック)付属
シーボーグ 750 メガツイン
ギヤ
標準
自重
(g)
最大
ドラグ力
(kg)
標準
巻糸量
PE
(号-m)
標準
巻糸量
ナイロン
(号-m)
最大
巻上力
(kg)
常用
巻上速度
1kg負荷時
(m/分)
JAFS
基準
巻上力
(kg)
JAFS
基準
巻上速度
(m/分)
ボール
ベアリング/
ローラー
メーカー
希望本体
価格(円)
JAN
コード
2.3 1,300 28 6-700
8-500
10-400
12-350
15-230
8-600
10-500
12-380
14-320
16-270
337
(374)
SPEED:120(133)
POWER:55(61)
37 SPEED:150
POWER:65
23/1
(マグシールド
BB:2)
99,000 943819*
※表内の( )内の数値はスーパーリチウムを使用した場合の概算値です。
※巻糸量は目安であり、メーカー・アイテム・テンションにより異なります。
付属品
■ロッドクランプ(写真は付属のロッドクランプを使用したロッド装着イメージ)
■リールバッグ
■糸通しピン
用語解説
最大巻上力 電源電圧13V、軸トルクによる参考値。(メガツイン機構の場合はパワーレンジ)
※kg=Kgf・cm(スペックを表記する際には簡略形にて表記しています。) ⇒ 詳しくはこちら
常用巻上速度 電源電圧13V、1Kg負荷時の100m巻上速度の平均。
JAFS基準巻上力 日本釣用品工業会規格による電源電圧13Vにおける測定値。
スプール外周径における瞬間最大巻上力。(メガツイン機構の場合はパワーレンジ)
JAFS基準巻上速度 日本釣用品工業会規格による電源電圧13Vにおける測定値。
スプール外周径における無負荷時の巻上速度。

※「JAFS基準」= 日本釣用品工業会が定める釣り用品の標準規格。⇒ 詳しくはこちら

電源について

ダイワの電動リールは、直流(DC)12V対応です。指定外の電源、たとえば家庭用の交流100V、船装備の直流24Vなどでは使えません。また船電源は発電機や配線の関係で電圧が不安定になりやすく、リールの保護回路が働いて回転が停止したり断続的になってしまうことがあります。リールの性能を十分に発揮させるため、ダイワ純正の電動リール用バッテリーをご使用ください。