none
画像
DAIWA FISHING WEAR
画像
Q
ポリウレタン素材は劣化しますか?
A
レインマックスRなどに使われているポリウレタン素材は、経年劣化します。しなやかで軽くて透湿性があるポリウレタン素材は、一般的に加水分解と呼ばれる素材特性があります。長年使用されたレインウエアは、表面のナイロンやポリエステル素材が大丈夫でも、裏面の防水膜が劣化することで表面がボコボコ(ブリスター現象)や防水性性の低下が発生します。
この劣化を遅らせるには、ウエアの洗濯表示に従って、汚れをまめに落とし、必要に応じて洗濯・乾燥させた後、冷暗所にて保管することが重要です。
画像
Q レインウエアは洗えますか?
A
レインウエアは、メンテナンスすると長持ちします。

新品に近いレインウエアなら使用後にシャワーなどで、水洗いし汚れのひどい所は部分洗いするだけでOK。あとは直射日光が当たらないように、陰干しをしてハンガーにかけて大切に保管しましょう。
使用し汚れたレインウエアは洗ってメンテナンスすることが大切。
汚れが激しい場合や使い込んだら、中性洗剤を使って丁寧に洗うと長持ちします。ウエアの洗濯表示に従っていただき、素材の劣化が少ない『洗濯機でなく手洗いで』お願いします。
画像
Q 洗濯の仕方は?
A
1:汚れのひどいところは部分洗い。
汚れが目立つところには、中性洗剤を直接つけて優しく押し洗い。

2:全体的に良く洗う。
20分程度浸け置き洗いをして、汚れを浮かし手洗いで全体を洗う。

3:洗剤はしっかり落とす。
汚れが浮いたら、洗剤をしっかりすすぐことが重要。汚れと一体化した洗剤は、再びウエアに付着することで撥水性の低下を招きますので、よくすすぐことが大切です。

4:すすぎの後は・・・
ウエアを絞らずにそのままハンガー掛けをして形を整え、日陰に干す。

5:完全に乾いたら・・・
撥水性が低下している部分があったら、撥水スプレーなどで撥水性を回復させると、より快適になります。

6:保管方法→長持ちの秘訣
風通しの良い場所でハンガーに吊るして保管することをオススメします。
クルマのトランクの高温な中や、濡れたままで多湿の場合や小さくたたんだ状態だと、素材の劣化が促進されますのでご注意をお願いします。
画像
Q レインウエアでも着ると暖かいと聞きましたが本当ですか?
A
本当です

レインウエアは、裏面に防水透湿膜があるので、『防風性』があります。風速が1m/s増すごとに体感温度は約1℃ずつ低くなるといわれているので、特にアウトドアでは、防風性があれば保温性があるのです。特に濡れた状態で風に当たると、気化熱を奪われさらに寒く感じます。レインウエアで肌面をドライに保ち、風を防ぐことにより体温の低下を防ぎ、快適に集中ができ釣果をあげることができるのです。