none

紅牙 

画像 中井「テンヤゲームのテクニック的なことを佐々木君に聞いてみたいと思います。初心者が気を付けることとか、コツのようなものを教えてもらえますか?」
佐々木「そうですね、どうしても軽いテンヤを落とす釣りなので、底を取るのが難しいですよね。でも底を取れないと釣りにならないし、(海中の様子を)イメージすることもできません。できるだけ軽いテンヤで底を取れればベストですが、できない場合は(徐々に)重くしていき、自分が(底を)取れる重さを見つけます。重くしても仕掛けが船下に入って行ってしまうときは、軽く前方にキャストして、着底したときに自分の真下にくるようにします」
中井「自分の前でトンと着底すると一番分かりやすいということですね。これが船が流れて行って自分よりも後方に行くと、着いても(ラインが)ダラダラ流れていくので分かりにくいと」
佐々木「これができるようになると、今度は慣れてきて軽いテンヤを潮に乗せてどんどんフカセていこうかなとか、フワフワと漂わせようかなとか、そんなこともできてくるので、まずは底を取る。これですね」

画像 中井「ということです」
佐々木「すいません、あとひとつあります。テンションをかけてフォールさせるということ。テンションをかけながら落とすと、エビが横向きの状態で落ちていきます。まずこれをイメージしてください。フリーフォールではテンヤ部分が重いので(オモリを下にした状態で)縦に落ちていきます。活性が高いときはフリーフォールでバーッと落としてやっても食います。でも底から上の方を見ているマダイにじっくり見せてやりたいときは、テンションをかけてエビを横向きにしてゆっくり落としてやる。すると「アッ なんか落ちてきたぞ」パクッと食う感じですね。
実際どんな感じかというと、フリーフォールはただバーッと落とす。これだと(オモリを下にして)こんな感じで落ちていきます。次、テンションフォール。ベールを戻すかスプールを指で押さえたまま、(ロッドの先を下げて)ゆっくり落としていく。そうするとエビが横を向き、マダイにじっくりと見せることができる。テンションかけながら落としていってコツンとか、モサッとかモスッとかモヤッとか、とにかくなんか怪しいなと思ったらパシッと合わせる。これが基本です。怪しいなと思ったら全部合わせることです。「今のアタリは外道だよ」「フグだよ」なんて言わないで。ホントに大きなタイでも、コツッという小さなアタリもありますから。そのへんに注意して頑張ってみてください」