none

紅牙 

画像  テンヤゲームをより快適に楽しむための、タックルセッティング方法をご紹介しよう。軽量で高感度の紅牙テンヤゲーム用ロッドにセットするのはスピニングリール。サイズは2500番クラスが標準となる。
テンヤゲームは通常で2~5号程度と、ポイントの水深やターゲットのサイズを考えるとかなり軽い仕掛けを使うこともあり、使用するラインは標準でPEの0.6~0.8号と細い。
ナイロンやフロロカーボンに比べて格段の強度を誇るPEだが、耐摩耗性という点では優秀とはいえず、根ズレに弱いのが弱点。このため2~2.5号のフロロカーボンをショックリーダーとして接続する。
長さは3~4ヒロ(約4.5~6m)取る人もいるが、あまり長くすると、せっかく極細のPEラインで水中抵抗を抑えている意味が薄れてしまう。海底の起伏の状態にもよるが、通常は1ヒロ(約1.5m)程度で十分だろう。

画像 エサはエビ。テンヤゲーム発祥の地である外房・大原エリアでは昔から生きたエビを使用していたが、近年は冷凍物が主流になっている。
付け方はいくつもの方法がある。基本はまずエビの尾羽根を切り取り、切り口から親バリを刺す。きちんとセンターを通っているか確認しながら、エビを押すようにしてハリを通し、エサのサイズにもよるが4~5節まできたら腹側にハリ先を抜く。孫バリは頭部の殻の部分に刺す。
食いが渋く、アタリがあるのになかなか掛からないときは、次の方法を試してほしい。エビの尾羽根を切り取ったら、今度は先に孫バリを胸の部分(頭と尾の境目付近)に刺して口の近くからハリ先を出す。あとは親バリを基本の付け方と同じように刺せば完成。ハリ先を出すことでショートバイトでもフッキングしやすいのが特徴だ。
どの付け方も重要なのは親バリの軸に沿ってまっすぐセンターに刺すこと。深く刺しすぎるとエビが丸まってしまうので注意したい。付け方が悪いと、仕掛けの上げ下ろしの際やシャクリ上げたとき、水中で回転してオマツリの原因になるだけでなく、不自然な動きがマダイに違和感を与える可能性もある。

画像 テンヤとショックリーダーの接続
1:リーダーの端をテンヤのアイかスイベルに通す。
2:途中で折り返し5回ほど巻きつける。
3:先端を輪の中に通す。
4:ゆっくり引く
5:強く締め込んでから余分なラインをカット。