none

紅牙 

画像 中井「今回新発売される紅牙TENYA GAME、新しいロッドの使い心地を福田さんに聞いてみたいと思います。福田さん、新しい竿、使ってみてどうですか?」
福田「イヤ~、釣りにホント集中できますね。トップがチューブラ素材なんで、軽くて感度がよくて。(今日は)潮が速くてきつい状況なんですけど、十分釣りに集中できます」
中井「やっぱりチューブラ穂先は感度がよくて、手に伝わる感じですね」
福田「そうですね、手感度、この釣りは感度がホントに重要ですから。大ダイほど微かなアタリを出しますからね。それを(このロッドは)確実に拾ってくれます。

画像 中井「バットのパワーはどんな感じですか?」
福田「さっきもけっこうヤリトリさせてもらったんですけど、Xトルク(※)のバットが潮に乗った魚をこっちに向ける、こっちに向けつつヤリトリできる。やっぱ最高ですね」
中井「(魚の)頭をこっちに向けるというのは大事なことですからね。向こう向かれるとずっと行ってしまうから、なんとかこっちに向ける。それだけのバットパワーがあるということ」
福田「やっぱり魚をコントロールするというのが面白いんじゃないですかね。それができる竿だと思います」
中井「大きい魚釣ってる人は違いますね(笑)。この竿に付いているセルテートはどんな感じですか?」
福田「外房だと今日なんかホント年に何回もないようなナギなんですけど、(普段は)潮回りのときに必ずしぶきを被るんですね。そんなときでもマグシールドでボディ本体とラインローラーががっちりガードされてるんで、なんの気兼ねもなく釣りができます」
中井「ずっと使い心地が変わらない。塩ガミもなく、水が入ることもなく。ありがたいことですよね」

画像 福田「ギヤーの歯なんかはミクロン単位で作ってくれてるのを、守ってくれるんですね。リールの性能を100%味わうことができます」
中井「あと、(話は)ちょっと戻りますけど、新しいロッドの価格帯とかは」
福田「なんか、かなりお手頃価格ですよね」
中井「ありがたいですよね」
福田「(M、MH、Hと)3機種あるそうなんですけど、3本そろえちゃおうかなっていうくらい」
中井「なるほど、それは初めてやる人でも買いやすい」
福田「そうですね、さっき船長さんとお話したんですけど、(お客さんから)『手頃でいい竿ないの?』って聞かれるらしいんですよ。もう(この竿は)イチオシで勧めてくれるそうです」

※Xトルク
竿は操作時・やり取り時など一連の動きの中で目に見えない「ネジレ」が発生し、操作性やパワーの低下などを引き起こす。こうしたネジレ防止の最適角度である±45°のバイアスクロスを巻きつけることでネジレを徹底的に防ぎ、操作性・パワー・安定性を向上させ、竿の性能を飛躍的にアップさせるダイワ独自のテクノロジー。