none

紅牙 

画像 中井「(タイラバは)タイを釣るには一番簡単な方法だと思うんですよ」
佐々木「そうですね、ホント落として巻くだけ、これが基本ですからね」
中井「そう、初心者にもできる。ただ、突き詰めていくとけっこう奥が深い」
佐々木「まず底が取れないと、(最大のチャンスである)着底直後の巻き上げができなくなるので、その辺は気をつけてやってますね」
中井「そこは基本ですよね。トンと着いた瞬間に巻き上げるという。あとはスピードだけの問題で、変化をつけて巻くのか、ゆっくり巻くのか、速く巻くのか。それさえ分かればガツガツとけっこう簡単に食ってくる。そこが楽しいですよね」
佐々木「渋いときはネクタイの端からカツンカツンと食ってくる。それをじわりじわりと我慢しながら巻き続けて乗ったときもなかなか感動しますよ」

画像 中井「今回、竿もリールも紅牙という新しいブランドでデザインやコンセプトも統一されて発表されています。特にリールの特徴としてカウンターがありますけど、これはどうですか?」
佐々木「そうですね、まずカウンターで(水深が)見ながらできるというのと、さらに僕がいいなと思ったのが、カウンターの左の方に出るスピードメーター」
中井「はいはい、いいですね」
佐々木「(この釣りは)ステディリトリーブがメインになってくるんですが、タダ巻きしてても実際に一定のスピードって、できてるようでできてない。でもこれは数字で見れるんで、今自分は3でキープしてますが、これが2とか5とかになっていればそれは巻き方がよくないってことで修正できる」
中井「なるほどね。あと初めてやる人が『どんなスピードで巻けばいいのか』ってとき、(このリールを使っていれば)『じゃあ5で巻いて』って具合に指示できますよね」
佐々木「スピードも『いくつで食ったの?』って仲間内で釣れるスピードを共有できますもんね」
中井「人が巻いてるのを見て同じようにやってもギヤ比が違えば(スピードも)変わってくるし、糸の巻き量によってスプール径も変わってきますからね。だから数字で出るというのはいいですね」
佐々木「あと、(このリールは)ギヤ比がわりと低めですよね。人間ってゆっくり巻くとどうしても三角巻きになりがちなんですけど、ギヤ比が低い分速めに巻けるんでスピードが安定してくる。そこもメリットかなと」

画像 中井「ロッドについてはどうですか?」
佐々木「自分は軟らかい竿が好きで、なによりオートマティックに、勝手に掛かってくれるような感じ。でも、大ダイがかかった時は魚を浮かせなければならないので、バットにはしっかりとパワーがある」
中井「僕も基本的に軟らかい竿が好きなんです。グーっと乗ってくるような乗せ調子ですね。でも地域によってはけっこう重いタイラバで、水深が深い所をやる場合がある。激流の中を重いやつでやったりするから、やっぱり硬い(竿)のが必要なこともある。今回のラインナップでは軟らかいタイプ、ノーマルタイプ、硬いタイプと3種類そろってますから、たぶんその場所に合ったいい竿が見つかると思います」

佐々木「(タイラバが)遊動式になってからバラシは減りましたか?
中井「減りましたね。もう全然違いますね、なんでやろと思いますけど。(中略)ヘッドに水性の塗料を塗って試したら、水性の塗料は塗膜が軟らかいんで、上げてくるとヘッドに歯型がいっぱい付いてくる。結局ネクタイを食ってないんですね。そんなこともあるから、速く巻きすぎるとヘッドばっかり(食ってきて掛からない)。でも、スライド式(遊動式)だとネクタイを噛んでくる。なでか分からんけどそうなんです。回収でダーッと速巻きしてても掛かる。それが固定式だと掛かってもパンってすぐに外れちゃう。不思議なんだけどこれが現実なんですね」