none

紅牙 

画像  今回は片山悦二さんに紅牙を使ったタイラバテクニックを解説してもらった。片山さんといえばテンカラ釣りのニュースタイル、レベルライン釣法の第一人者として有名だが、実は様々な釣りに精通しているマルチアングラーでタイラバの経験も豊富。
まずはフォール時の注意点から。マダイは巻き上げ中のアタリが大半だが、ときにはフォール中に食いつくこともある。油断していると貴重なアタリを見逃すことになるので、神経は常に集中しておこう。
さらに、落下中はスプールに軽く指先を当て、ほんの少しテンションをかけるようにするとアタリが取りやすくなる。魚の活性が高いとフォール中に魚がタイラバをくわえるため、仕掛けの落下を途中で止めることもある。こんなとき、紅牙ICSのような水深計付きのリールなら、タイラバの位置を常に把握できるため、マダイのアタリを着底と間違ずに対応できる。

画像  次は巻き上げスピード。片山さんがタイラバを始めたころ、プロである鳴門の職漁師のやり方を真似ていたが、彼らの巻き上げのスピードはかなり遅かったという。それが段々と速くなり、現在は紅牙ICSのスピード表示で6くらいというから、かなりの速度で巻いている。
スピードが速いほうがリアクションバイトを誘発しやすいこと、またマダイがバイトした際にタイラバに強くアタックしてくるのでフッキング率も向上するという。

画像  タイラバのウエイトは主に水深に合わせてチョイスするが、ラインの太さと潮の速さも考慮に入れる。つまり、潮があまり流れず、タイラバが真下に落ちていくようなら少し軽いものに変える。逆に潮が飛んでいるようなら重いものを選ぶ。
アングラーの経験にもよるが、使用するタックルに合わせ、ボトムが取れる程度のウエイトが基本となる。たとえば、水深50mで潮が速めに流れている場合、ラインがPE0.8号なら60g、0.6号なら45gが目安となるだろう。
他の人は順調に釣り上げているのに、自分にはアタリすらない。不思議に思って仕掛けを回収したらネクタイが絡んでいた、なんて経験はないだろうか。
ネクタイの絡みは潮が止まっている状況で発生しやすい。防止策としてはフォール時のサミングをしっかり行うこと。また、動きの大きいタイラバはどうしても絡みやすくなる。
紅牙ベイラバーフリーの大きな特徴のひとつがヘッド部の形状。ラインを通す向きを変えることで、水中でのアクションに変化を付けることができるのだ。これは当然、遊動式だからできることで、従来の一体型タイラバにはないメリットだ。
使い分けとしては、潮が速いときやマダイの活性が高いと判断したときは、ヘッドの細いほうからラインを通せば(細いほうが上になる)波動が抑えられる。ネクタイが絡みやすいときにも有効だ。
反対に潮があまり流れていないとき、マダイの活性が低くアタリが遠いときは、ヘッドの太いほうからラインを通す。こうすれば動きが大きくなってマダイへのアピール度が高まる。